トップページに戻る
ワカサギ釣り情報へ戻る

高滝湖

福ちゃんのワカサギ釣り日記

 このページは福ちゃんの原稿を無修正で掲載しています。この日記に対する質問、苦情等は一切お受けできません。
2021年10月9日(土)~2022年3月31日まで

  福ちゃんのワカサギ釣り          2021/10/9~2022/3END
日 時 釣った 場 所 釣  果 特  記  事  項
10月24日 ボート A-1とA-2の間 61匹 (6~10cm) 日曜日の釣行。混雑を予想して、4時10分に家を出る。君津インターから乗り木更津東インターで降り
50cm ~ ベタ底  て一般道を走る。暗くて4狭い。時おり走行の警報が入る。道路の端の白い線やセンターラインを超え
2.6mの改造竿 る時に入る。無視して走っていると画面に「蛇行運転が続いている。居眠り運転か疲れている。すぐ
77cmの先調子(手製・グラスファイバー・青) 車を停めて休憩しなさい」とメッセージが出た。それからはスピードを控えめにして、線を踏まない様に
して運転。釣り場に到着。駐車場はほぼ満車。手続きを済ませ6時に出船。前回と同じA-1とA-2の
間にアンカーを下ろす。A-1とA-2のロープにもボートが係留し、あっという間に”数珠つなぎ”となっ
た。釣り開始。自慢の2.5mの振り出し竿に電動リールとガイドを取り付けた「改造竿」を用意する。
あれ、竿先がおかしい。見ると折れている。糸と接着剤があれば補修出来るが無い。0.2号のハリスで
折れた部分を巻き付けて釣り開始。ところが道糸が折れた所に引っ掛かり、その都度手元に引き寄せ
て外すが、また引っ掛かる。1時間近くそれを繰り返し釣りにならない。諦めて竿を交換する。77cmの
先調子の竿をセットして、投入するとすごい当たり。尻手ロープをリールに取り付けていなければ竿
ごと水中に引き込まれていただろう。”バス”が掛かったのか。上がって来ない。無理した時、竿が折れ
た。見ると竿ではなく「可変アダプター」が折損していた。魚は外れ仕掛けを上げて見ると”寄せっコ”
の所に針掛かりした形跡がある。道糸と仕掛けの間に大きめの針を取付け、そこ
に臭いでワカサギをおびき寄せる“寄せっコ”を引っ掛ける。バスはこの“寄せっコ”
に食い付いたのだ。0.2号のPEの道糸では切れない為、アダプターに負荷が掛か
り折れた。アダプターを交換して釣りを始めるが、やる気はしない。かなり気落ち   折れたアダプター
して釣り、13時までに61匹の釣果。納竿。スタートからご難続きの釣行だった。なんか悪い事でもした
かなぁー。しかし帰宅して「菊花賞」は取ったぞー。可変アダプター・竿とリールを繋ぎ竿の調節ができる


  福ちゃんのワカサギ釣り          2021/10/9~2022/3END
日 時 釣った 場 所 釣  果 特  記  事  項
10月9日 ボート A-1とA-2の間 55匹 (6~10cm) 待望の釣り開始。今日は土曜日。混雑すると思い朝3時45分に起きる。自宅を出てイレブンでおにぎり
水面から2~2.5m を買おうとしたが、改装中で閉店。君津インターで高速に乗ったが、工事中で次のインターで通行止め
2.6mの改造、振り出し竿 5時過ぎなら通れると言われたが、一般道で釣り場へ向かう。真っ暗い狭い道を走り、途中でイレブンを
見つけ、おにぎりを確保。5時少し前に釣り場に到着。満車に近いが駐車でき、ボートに向かう。エレキ
をセットし準備万端。出船。A-1に直行。A-1とA-2のロープには、かなりのボートが係留している。
A-1の近くにアンカーを下ろし釣り開始。風も無く、時々薄日が差す絶好な釣り日和。周りは誰も釣れ
ていない。改造の2.6mの振り出し竿を、上下に動かして誘っていると小さな当たり。上げると6cmの
可愛いワカサギと対面。その後もポツリポツリと、愛くるしい稚魚が姿を見せる。10数匹釣れたところで
バッタリ食いが止まる。風も南から北に変わり強い、波も少し泡立ってきた。後ろで、同じ様にアンカー
を下ろして釣っている夫婦?。入れ食い状態。場所をこのボートの近くに移動。アンカーを打つ。しかし
釣れない。また移動しようかと迷っていたところ大きな当たり。トリプルで上がって来た。それからは
入れ食い。30数匹が釣れた。途中で仕掛けが船べりに引っ掛かり、切れるなどの」トラブルがなければ
もっと釣れたであろう。その後はポツリ。雨が降って来たので納竿。今シーズンは釣れそうな予感。